作者別: NUXYp

ネットショップでの注意点とは

ネットショップを作るというのは割と簡単にできるようになっていますから経営したいという人であればまず手軽に始めることができるというのは間違いないのですが問題は何を得るのかということです。そしてどの程度のコストを継続的に支払い続けることになるのかということを明確に把握することが大事でしょう。ネットショップなのですが自分で作るということよりは出店ができるようなところを見つけてそこに登録しておくということの方が最初の段階ではメリットが大きいです。

どうしても維持をするためのコストというのがかかることになりますのでそこをペイすることができるのかどうか、ということを考えないといないのです。確かにネットショップというのは基本的に維持するためのコストはそんなに高くないといえるのですがやはり毎月の維持コストは把握しておいて、出来るだけそれを少なくする努力はするようにしましょう。自分で無料のブログなどを開設して、ということが最初にはお勧め出来ます。

コンサルティングはヒアリングが重要

信頼できる経営コンサルタントは、ヒアリングに時間をかけます。経営コンサルタントの仕事といえば、経営課題を解決すること。会社が抱えている経営課題は、各社様々であり、似たような案件でも条件や原因がそれぞれ微妙に異なるものです。経営課題、つまり企業が抱えている問題を解決するためには、その問題の本質をとらえる必要があります。問題の本質を明らかにするために、コンサルタントはクライアントから丹念にヒアリングを行うのです。ヒアリングを疎かにすれば、問題の根本原因がわかりません。

 

根本原因がわからないまま対症療法のようなコンサルティングをしても、問題は解決しないばかりか、むしろ悪化してしまう可能性もあります。有能なコンサルタントは、このことをよく理解しているので、とにかくヒアリングを徹底します。あなたがコンサルンタントを選ぶとき、ヒアリングを早々に切り上げ、パッケージ化された対症療法を薦めるような人物には注意してほうがいいでしょう。逆に、しっかりとヒアリングを行い、あなたの会社と真摯に向き合ってくれるコンサルタントこそ、信頼できるコンサルタントです。

化粧品のヒット商品の特徴とは

女性を中心にスキンケアや身だしなみを整えることを目的として化粧品を使用しますが、それに関するヒット商品にはどのような特徴があるのか気になるところです。多くの人から支持されている化粧品はそれなりによい点があるからこそ使用されているので、そのようなヒット商品を選択すればまず間違いはありません。

化粧品のヒット商品には具体的にどのような特徴があるのでしょうか。まずは、シンプルで手軽に使用できるものです。女性のなかにはスキンケアをする朝の時間、仕事や学校などで忙しい人も少なくありません。そのため、単純さがあって簡単に使用できる化粧品が好まれやすいのです。

それから、無添加で香りに問題がなくて体感のよい化粧品もヒットしやすいといえるでしょう。無添加であれば人の肌に悪影響を及ぼす可能性も少ないので安心して使用することができます。また、香りがよい点というのは化粧品をよく使用する女性にとっては外せない点です。さらに、体感のよいか否かも化粧品を使用する満足度をはかるうえで重要だからです。

効率がいい単発営業をするメリット

私は今までいろいろな商品を企業に売ってきましたが、私が最も得意なのは単発営業です。単発営業のメリットは契約までの時間があまりかからないことです。継続して買ってもらうための大口の契約を狙うときは何度もターゲットの企業の担当の人に会ってしっかりと信頼関係を作らないといけないので時間が非常にかかります。しかも時間をかけたのに契約できないリスクもあります。1つの企業に依存することは非常にリスクが大きいと思います。また、大きな契約を結んでくれそうな企業を新たに見つけることは大変な労力が必要です。その点、単発営業は短期間の交渉で契約してくれる企業を探すので、契約してくれなかった企業がいても次の企業にすぐに切り替えることができるのは大きなメリットです。時間効率がいいのが単発営業の特徴です。しかし、利益が少ないのがデメリットなので、できるだけ効率よく利益を得るために、契約してくれそうな企業にかたっぱしから営業をすることが大切です。

マーケティング部門との連携の苦労

私は、法人営業をしていた経験がありますが、その際にマーケティング部門と連携をすることが非常に大変な思いをしたことがあります。
法人営業の効率化をする上で、こういったマーケティング部門から、販売促進を指示されたりすることになるのですが、実際の現場を知らない方が多くて、明らかに理にかなっていないやり方を押しつけられたりすることもあって、そのときはストレスが溜まったこともあります。
マーケティング部門からは、営業をする際に、地図を渡され、重点的に行う事業所への販促を行う箇所などを指示されたりしました。その際にも、現場を知らない担当者がただ地図を見ての判断だけでここが薄いので重点的にといわれることもありました。実際に私たちが飛び込み営業をしていて、その地図のエリアには、顧客がいないことも分かっているのに…と連携するのに大変な面がありました。
現場を知っている人と、現場を知らない人では、やはり考え方なども違いがありますし、連携を取るのは難しいと思いました。

法人営業でのコンセプト提案

メーカー系の営業をしている人は、どうしても自社の製品をRRしたくなるものです。
特に法人営業であれば、取引額も大きくなることもあることから、その熱意や思いはとても強い物だと言えます。

しかし、製品の紹介一辺倒では、相手も魅力を感じるどころか、面倒臭くなることも珍しくはありません。
いかに相手を惹き付けるプレゼンができるか、とても重要な場面になってきます。

このプレゼンいかんで、後々の商談が動き出すのか、とても重要な場面になってきます。
プレゼンテーションを行う際に最も重要なことは、
「どうして、今、この提案が相手にとって必要なのか?」
ということを客観的に相手に理解してもらうかです。

そのためには、自社の製品やサービスを紹介するのではなく、提案そのもののコンセプトをしっかりと固めて、相手の共感を得ることができる提案内容にすることです。

そして、最後のパートの部分で、簡単に製品をさり気なく紹介する程度に抑えておきます。

大事なことは、相手に提案内容を検討させて予算化させる入り口部分の推進が大事です。

PR|マーケティングオートメーションのご相談はスターティアラボへ|

法人営業の基本と応用するテクニックが大切

私はいろいろな仕事をしてきましたが、その中でも法人営業はやりがいがあり自分の性格にあっている仕事なので気に入っています。初心者のうちは営業支援ツールやいろいろな営業のテクニックが書いてある本を参考に営業をしていたのですが、簡単なテクニックに頼る前に法人営業の基本を身につけておくことが大切だと感じました。

 

法人営業の基本を知った上で使う営業のテクニックは非常に効果があります。営業の基本は多くのビジネスマンが実際の経験をもとに作り上げたものなので非常に信頼性があり、基本の営業の方法を利用することで仕事を成功させる確率を上げることが可能です。ただ、基本に従うだけの営業をするだけでは多くの成果は得れません。

 

やはり自分で法人営業をした経験をもとに、営業の基本を応用することが大切だと思います。法人営業ではコミュニケーションのスキルが非常に大切なので、会社が休みのプライベートの時間でもなるべく人に会って会話のスキルを上げる努力を私はしています。

営業の経験から私が感じたこと

私が実際に営業の仕事をやってみて感じたのは営業のコツは結局押し売り状態にならないようにするしかないという事です。実際に営業の仕事をやっていろんな所にアタックしても少しでも手ごたえを感じるのでほんの一握りです。

その一握りの手ごたえがあった見込み客からさらに本当の顧客になってもらうのはさらに大変です。

ですから、焦って無理な営業をしてしまう事もありますがそんな事をしても逆に押し付けられて嫌な気分になります。

ですから、営業ををやる上で大事になるのは見込み客を見つけたらそこからさらに丁寧に接していくように心掛けないといけないと思いました。

そうしないといくら営業で見込み客を見つけてもすぐに逃げられてしまいます。

実際私はこれまで営業の仕事をやってそう感じました。

ただ、せっかくの見込み客を見つけた時はナーチャリングのためにそれなりにアプローチしないといけないので相手が不快に感じない程度に訪問したりする必要はあります。

それが営業で成功するコツです。

商談時の雑談について

営業マンにとって商談はまさに戦場です。既存、新規の顧客共に売り上げを維持、拡大する為に商談を効率化することが非常に重要になります。そして本題の商談に入る前に必ず雑談が入るかと思いますが、この雑談が非常に重要となってきます。雑談が上手くいくと本題の商談もスムーズに運ぶケースが多いですし、雑談に失敗してしまうと思わしくない結果となってしまいます。

 

営業担当に配属して間もない頃は、先輩方に同行して雑談の重要性を学んできました。やはり売り上げの良い先輩は雑談が上手く、売り上げの悪い先輩は雑談が下手で顧客と良好な関係が築けていない傾向にありました。

 

顧客にとって有益な情報を提供することで会話が弾みますし、自己中心的で顧客にとって無益な話をする場合は大概不快な表情をされていました。私自身は顧客の新製品情報や業界の話題などを中心に顧客の表情を見ながら5分程度で終わらせると決めています。

 

顧客が話に食い付いてくれば当然時間は伸ばします。常に相手の立場を考えながら雑談を考えると後の商談も上手くいく傾向が強いように思います。